一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.09.09 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

お店にお菓子を買いに来てくださるお客様は、やはりお子さんがアレルギーの方が多いです。

そして皆さん口を揃えて、ご飯を作るのが大変とおっしゃいます。

私は、お料理するのが元々は嫌いでした。
だって、お料理の勉強をした方のお料理を食べる方が美味しいに決まっていると思っていましたから。

でも、病気になってマクロビオティックを勉強して分かりました。
自分の身体の調子に合わせてお料理できるのは、自分しかいないと。
外食やお惣菜は、だれにでも美味しく感じられ、尚且つ傷みにくいようにしています。味が甘い辛い濃いというのが傷みにくく美味しいと感じやすい味のバランスだから。
たまにでいいんです。
毎日食べてたら身体の調子も味覚もおかしくなっちゃう。

そして、お家のお料理は、お店やお惣菜みたいに華やかでなくていい。
そうでなくても、お昼間家族は結構ヘビーなものを外で食べてる。
夜は、早めに軽く食べて内臓を休めてあげましょう。

夜寝る前にしっかり食べると、内臓は夜通し分解消化に働き続けます。
お肉を食べると消化に8時間はかかるといわれています。
ということは、朝起きた時、まだ働いてるんですよね。
そして、朝ご飯。
仕事で、徹夜で残業をし続けるとどうなるか考えてみると、分かりやすい。
いつか過労で倒れます。

毎日のご飯。無理してお料理番組みたいなものを作らなくっていいんです。
ごはんとお味噌汁、お野菜、お漬物。
思春期の成長中のお子さんがいらしたら、動物性の食材も1品足してあげましょう。雑穀を混ぜたごはんなんかを沢山食べればいいと思います。

お母さんたち、もっと力を抜いていいと思います。
昔は、そんな豪華じゃなかった。でも、病気は少なかったですよ。

いろいろ迷っていろいろ勉強してみて、今はそれがいいんだなとやっと思えるようになりました。

  • 2015.09.09 Wednesday
  • -
  • 20:47
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM